敏感肌を改善する

敏感肌のボディケアとは

季節の変わり目、敏感肌のトラブルは体から始まるケースが多いものです。というのも、顔や手のケアはしていても体のケアはしていない人が多いうえ、環境の変化で昼夜の気温差が肌の水分を失わせるから。皮脂の量が少ない腕やすねがかゆくなる。下着のすれる部分が赤くかゆみを帯びるなどの症状が出たら、ボディケアのいらない年代は終わりと心得ましょう。「背中はしっかり・手足はささっと・(洗い分け)」お風呂で体を洗う時はボディソースや石けんなどで全身をくまなく洗う人が大多数です。でも、皮脂量が減っている敏感肌は、洗いすぎになり乾燥が加速することになります。敏感肌が気になるなら体のパーツごとに洗い方を変える(洗い分け)にトライしてみましょう。

皮脂の多いところ・少ないところ

皮脂量が多い背中と胸、わきの下や陰部など太い毛が生えている部分はしっかりと洗い、皮脂が少ない胸はかるく洗うか、お湯で流すだけでもOKです。「お風呂上りにはボディクリームを」シャワーを浴びたり湯ぶねにつかったりすると肌のうるおい成分がお湯に溶け出してしまい乾燥しやすい状態になります。カサつきがちな部位には、お風呂上りのタイミングでボディクリームを使うのが効果的です。なお、体がぬれていると、どんどん肌の水分が奪われていきます。お風呂上りはすぐに体を拭き、早くクリームを塗りましょう。「かゆみ対応のボディクリームを」かゆみは敏感肌が進んで炎症が起こっている証拠。かいてしまことで、さらに炎症が悪化し、ますます治りにくくなる悪循環に陥りやすいので、とにかくかかないことが大切です。かゆみを抑える成分入りのクリームでケアしながら様子をみましょう。